2009年09月26日

メニエール病 症状

メニエール病は、文明の発達した地域で高率に発症し、
未開発地域では発症が少ないことから、
「文明病の1つ」と考えられています


メニエール病は、過度なストレス、睡眠不足、疲労が引き金となるケースが多いといわれている病気で、ストレスを多く抱えている人が多い現代社会では起こりやすい病気なのかもしれません


メニエール病におけるめまいは、内耳の機能障害によっておこります
突然回転性のめまいが自発的におこるのです




メニエール病のめまいの症状はさまざま
回転性のめまい・浮動感・動揺感・からだの沈む感じ・傾く感じなど
症状もいろいろです

また、メニエール病のめまいの持続時間は1時間から6時間程で、
最初のほうほど強いめまいの症状が現れます

また、メニエール病の症状は「めまい」だけではありません
そのほかにも、耳鳴り、難聴、耳閉感、音響感 が伴います




メニエール病は“発作を起こしたときの治療”と“発作を起こしていないときの治療”が異なります


メニエール病の発作を起こしたときは、自律神経を安定させるために鎮静剤、鎮吐剤、めまい止めなどを服用することになります

また、発作を起こしていないときは、発作の予防のためのコントロールをする必要があり、
そのための薬物投与をすることになります




耳鳴りやめまいが起こったら自分で判断せず、
専門医の治療を受けることをおすすめします

posted by mimi2000nari at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。